So-net無料ブログ作成
検索選択

マレーシア航空事件はフリーメイソンの仕業?【マレーシア航空フリーメイソン】 [マレーシア航空フリーメイソン]

スクリーンショット 2014-03-19 8.57.29.png

マレーシア航空のボーイング777が消息を経ったのは
フリーメイソンが絡んでいるという噂がありましたので、検証しました。

どうやら、この情報はマレーシア連邦がイギリス領だった事、
そしてイギリスと言えばフリーメイソンの発症の地なので、
いつの間にか「マレーシア航空はフリーメイソンの手先だ」と発展したそうです。

今回ばかりは、ちょっと微妙な感じがしますね。

<スポンサードリンク>





ただ、9.11の時は実際にフリーメイソンが関わっていた説が
かなり衝撃的でしたので、こちらで紹介しました。

フリーメイソンの都市伝説 《9.11版》暗示されていた3つの根拠


現時点で、マレーシア航空不明事件は複数の説が上がってます。


①テロの可能性

消息不明になったボーイング777には、
盗難パスポートで搭乗した人物が最低でも2名確認されています。
恐らくこの2名が何かしらの形で絡んでいるのではないでしょうか?

また、盗難アジアの航空会社は日本に比べて
セキュリティも甘そうなので、
機内に武器を持ち込むのも十分ありえると思います。

先日、ベトナムに行った時、ベトナム航空に乗りましたが、
整備が遅れたり、雑な印象を受けました。
今回の事件もテロの可能性は高いと思います。


続きは後半で。




<スポンサードリンク>










②中国政府の可能性

中国の最高司令部が8日に北京に近づく不明機を
撃墜するように指示したと言われていますが、
根拠は不明になっています。
どの国でも、首都に接近する不明機があれば、
撃墜するのは当たり前だと思いますし、
中国はかなり捜査に協力しているので、この可能性もないでしょう。


③機長の犯人説・自殺説

機長の犯人説や自殺説や、機器の故障とも言われています。
しかし、私は可能性が低いと思います。

理由は、ボーイング777は限界高度45000フィートまで上昇し、
その後急激に23000フィートまで下降するなどの、
上昇と下降を繰り返していたからです。

ちなみに、45000フィートまで上昇すると、
空気が薄くなり上客は意識を失うようです。

こうなれば、少人数でも機体を制圧するのは難しくないはずです。
操縦桿を争って何かしらの事件に巻き込まれたと考えるのが筋でしょう。


機体発見情報も

ボランティアで衛星画像を分析していた台湾の学生が
森の中で機体を見つけたという情報がありました。

しかし、この情報もあまりあてにはなりません。
私も写真をみましたが、機体の周りの木々が全然倒れていないのです。

通常、飛行機が墜落したら、周囲の木々はなぎ倒されていると思いますが、
まるでそっと機体を上から置いたように、周囲の木々はそのまま生えていました。

この写真も捏造かもしれませんね。


飛行機の失踪事件は実は珍しくない

Bloombergによると、実は飛行機の行方不明事件は頻繁におこっていて、1948年以降で83機も不明になっている様です。

この図の黄色のドットが飛行機が不明になった地点です。

こうみると、飛行機失踪事件というのは、かなり多い印象を受けますね。

中には本当にフリーメイソンが絡んでいる事件があったとしてもおかしくないでしょう。

o-MISSING-PLANES-INFOGRAPHIC-900.jpg

最後までお読み頂き、
ありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]


フリーメイソンの芸能人・日本人・有名人について記事を書いてますので、
目次ページから、関心のあるページもご覧下さいね。



LZg7064hIu9tnyD1395055281_1395055522.png

<スポンサードリンク>







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。